カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

正しい爪の切り方


写真

足もとから健康に

足と爪は健康を足もとから支えています。足の裏は、私たちの体重すべてがかかるところです。特に足の爪は体のバランスを取るのに重要です。異常が見られても「たかが足の傷」「歳だから仕方がない」と放置していると、大きな問題を引き起こすことも少なくありません。 いつまでも軽やかに歩き続けられるよう、正しい爪の切り方で爪の健康を守りましょう。

道具を用意しよう

【ニッパー/爪切り】 爪は固いように見えて繊細です。爪を傷つけないためによく切れるものを使いましょう。

【爪用ヤスリ】 爪切りについているものより専用のヤスリの方が目が細かく爪にやさしいのでおすすめです。 

爪を切ろう

ニッパーや爪切りの下の刃を爪と爪下皮の間に入れて固定し、上の刃だけを動かして切ります。この時、もう一方の手で上から爪の根元を支え、下から第一関節を押し上げるようにすると安定して切りやすいでしょう。

長さと形

爪の白い部分が1ミリ程度残るよう、足の指の形通りに切ります。白い部分がなくなるらい深く切ったり、両端を丸く切ると巻き爪の原因になります。図のように指先に平らなものを当て、爪が当たらない位の長さが良いでしょう。

仕上げ

2枚爪を防ぐためにヤスリをかけて仕上げましょう。爪の角から中央に向けてかけていきます。このときヤスリは行ったり来たりさせず、一方方向に動かしましょう。

※自分で切るのが難しい時は、無理に切らずに専門医(皮膚科医)やフットケアの専門家に相談しましょう。

おすすめ商品

ページトップへ